what3words X MapFanコラボレーションページ

このページの説明


この「what3wordsコラボページ」は、インクリメントPの法人向け地図APIサービス「MapFan API」と、what3words社の世界中を”3つのキーワード”で表現する位置情報サービス「what3words」で、コラボしたデモコンテンツです。

what3wordsとは?

what3wordsとは?

what3wordsとは、たった3つの単語を組み合わせただけで、世界中のどこでも特定できてしまう画期的なサービスです。

新しい位置情報の形として大注目のwhat3wordsはこのような特徴を持っています。


世界中を単語の組み合わせで表現

最大の特徴は、単語で場所指定ができる事です。

たった3つのワードの組み合わせで世界中どこでも、たとえそこが海上でも山頂でも指定できます。

「〇〇駅の1番出口の前のロータリーのはしで待ってるから」では無く、「おすわり」「てのひら」「みずどり」。単語さえわかれば迷うことなく待ち合わせが可能です。

世界中での採用例

大手自動車会社や郵便などの公的サービス、デリバリー業務や消防救急分野などなど、 世界中の多様な業種にわたって採用されており、今も採用する企業がどんどん増えております。

ワードの多言語対応

現在、日本語、英語をはじめ韓国語、タイ語、アラビア語、フランス語、インドネシア語、イタリア語、ロシア語、スワヒリ語などなど20を超える言語に対応しています。慣れない外国に来た観光客でも、母国の言語で場所の指定が可能です。

ピンポイント精度

世界中を57兆個のグリッドに分け管理しています。1グリッドは3メートル X 3メートルの高精度で構成されているため、建物の出入り口やお花見会場、駐車場内の車を止めた場所など、まさにピンポイントで指定が可能です。


ワードご紹介

様々な可能性を感じさせるwhat3wordsですが、実用面もさることながら、「日本語で指定ができる」ことで、単語の組みあわせが思わぬ面白さを発揮したりします。

私が見つけたグッとくるワードの組み合わせやこの場所はこんなワードが?!という場所をご紹介します。

みなさんも「こんなワードでこの場所が!?」を探してみてください。

※弊社ビルを指すワードは「ちぎる・つゆあけ・くがつ」でした。梅雨明けが9月は勘弁してほしいなと思います。



contact


世界中を単語で表現するという斬新さと、その利便性から世界中で採用例が増えているwhat3wordws。

インクリメントPではwhat3words社とコラボレートし、カーナビ、歩行者ナビへの活用 、インバウンドへの対応などに最適なソリューションとして地図+what3words社のAPIをワンストップで提供可能です。

また、インクリメントPではその他の地図サービスも積極的に取り入れるよう活動していますので、

地図に関するお問い合わせなどありましたら、なんでもお気軽にお問い合わせください。

Demoページへ

GO

what3wordsのホームページへ

https://what3words.com/